Skip to main content
MENU

社会貢献活動の推進

top-bnr-social-contribution

基本的な考え方

アンリツは事業活動を通じて社会に貢献するとともに、地域の発展に寄与する活動を推進しています。「青少年教育との連携」、「地域社会への貢献」、「環境推進活動」(生物多様性保全)を3本柱とした地域密着型の社会貢献活動を軸に、社員が主体的に参画する活動を継続的に展開しています。

■ 2015年度の取り組み詳細はPDFをご参照ください。

青少年教育との連携

神奈川県主催:「かながわサイエンスサマー」開催

アンリツは、神奈川県が企画する第15回「かながわサイエンスサマー」に参加しました。「環境」と「ものづくり」をテーマに、環境の講話とラジオキット製作を通じて無線技術に触れるわくわく体験教室「みんなでラジオを作ってみよう!」をアンリツ(株)の本社で開催しました。神奈川県内の小学生とその保護者、18組36名の方が参加する夏休みのイベントとなりました。

science-summer
かながわサイエンスサマー

地域社会への貢献

慈善団体への寄付

Anritsu EMEA Ltd.(イギリス)は、クリスマスの時期に食料品を寄付する、「クリスマス・アピール」を行いました。この取り組みでは、クリスマスの時期に社員が日常の買い物で食料品を多めに購入し、その分を「ルートン・フードバンク」を通じて、恵まれない方々に寄付しています。「ルートン・フードバンク」は2013年に設立された地域の組織とボランティアで構成され、貧困に苦しむ方々に食料を提供する慈善団体です。

また、イースターの時期には、社員がチョコレートでできたイースターエッグを購入し、ルートン & ダンステーブル病院の子どもたちに寄付を行う「アンリツ・イースター・キャンペーン」も行なっています。

charity-events
慈善団体への寄付

環境推進活動(生物多様性保全)

富士山「緑の募金の森」緑化活動

アンリツは、活動参加を呼びかけてくださったリコーリース(株)さまとともに、富士山「緑の募金の森」緑化活動に2006年から取り組んでいます。今回は3~4mを越す高さに成長したヒノキの枝打ちを行ったほか、森林保全のために設置されているシカ柵を補修しました。

この活動は、1996年の台風で倒壊した森林を80年計画でよみがえらせるという壮大なプロジェクトの一環で、2000 年から実施されています。

以下のお住まいの国をご確認の上、最寄りのイベント、連絡先情報、特別キャンペーンをご覧ください。