Skip to main content
MENU

環境経営の推進

top-bnr-environment


environment-takagi
執行役員
髙木 章雄

今年度より、アンリツグループの環境経営を総括することになりました。前任に引き続き、「バリューチェーン全体に及ぶグローバルな環境経営による環境ブランド構築」という「2020VISION」実現に向けて取り組んでいきます。よろしくお願いいたします。

さて、2016年度は、2012年度からスタートした「2020VISION」実現に向けた第2ステージ「GLP2017環境イニシアチブ」の2年目となります。重点テーマとして取り上げた課題対応については概ね予定どおり進捗してますが、経営品質向上に向けた環境マネジメントシステムのISO14001:2015年版への移行(2017年1月予定)、主力製品である計測器および産業機械への欧州RoHS指令の適用(2017年7月)などの大きなテーマは、まさに正念場を迎えています。また、ステークホルダーの皆さまの期待に応えるための情報開示に取り組んだ結果、CDPのディスクロージャースコアは前回の83ポイントから99ポイントと大きく改善できましたが、省エネの取り組みは、厚木本社に増築したグローバル本社棟の稼動の影響もあって、2015年度はエネルギー使用量が増加しています。

環境ブランド価値向上には継続的な環境パフォーマンスの改善は不可欠です。グローバルに事業を展開する企業として果たすべき役割を常に認識し、バリューチェーン全体における環境課題と向き合いながら、皆さまの要請・期待に応えていく所存です。

■ 2015年度の取り組み詳細はPDFをご参照ください。

エコマネジメント、エコマインド

CSR報告 エコマネジメント、エコマインド (PDF)

  • 環境理念
  • 行動指針
  • 環境経営
  • 環境監査
  • 法順守状況
  • 生物多様性保全
  • 社員環境教育
  • 社員のエコマインド
  • 環境コミュニケーション

CSR報告 環境管理活動の歴史 (PDF)

  • 環境管理活動の歴史
エコオフィス、エコファクトリー

CSR報告 エコオフィス、エコファクトリー (PDF)

  • 省エネルギー活動
  • 水資源
  • 地下水の管理
  • 排水
  • 大気
  • 騒音
  • 化学物質管理
  • 廃棄物削減
  • 包装の環境配慮
  • リサイクルセンター

CSR報告 環境負荷マスバランス (PDF)

  • 環境負荷マスバランス
エコプロダクツ

CSR報告 エコプロダクツ (PDF)

  • エコプロダクツ開発
  • 製品環境規制への対応
  • グローバル製品アセスメント
  • 環境配慮型製品制度
  • 2015年度に認定した環境配慮型製品
  • サプライチェーンマネジメントの推進
  • 製品含有化学物質の管理

【エクセレント エコ製品一覧】

【アンリツグループグローバルグリーン調達ガイドライン】

以下のお住まいの国をご確認の上、最寄りのイベント、連絡先情報、特別キャンペーンをご覧ください。