Skip to main content
MENU

知識情報応用開発

知識情報応用開発センターでは人工知能技術の応用開発のほか、グループ内の各事業部門に共通する、あるいは横断的に実施すべきデータ解析関連のテーマ等を扱っています。

X線異物解析感度の向上を目指す人工知能関連の機械学習[※1]を用いた画像解析技術などのテーマにも取り組んでいます。

[※1] 機械学習
人工知能における研究課題の一つで、人間の学習能力と同様の機能をコンピュータで実現しようとする技術・手法。


機械学習応用

画像認識の分野において、深層学習が注目を集めており、深層学習に代表される機械学習の応用分野は多岐にわたっています。

多量のデータを用いて適切に学習させた深層学習のパラメータは非常に汎用性が高く、強力な特徴抽出器として用いることができます。機械学習/深層学習技術の問題解決性能は高いため、データ解析技術の新しい手法として着目しており、応用分野の研究開発を進めています。

以下のお住まいの国をご確認の上、最寄りのイベント、連絡先情報、特別キャンペーンをご覧ください。