Skip to main content
MENU

研究開発活動

アンリツグループのオリジナル&ハイレベルな商品・サービスの基盤となる研究開発活動についてご紹介しています。

研究開発体制

アンリツグループは、安全・安心で豊かなグローバル社会の実現に貢献するため、日本、アメリカ、ヨーロッパ、アジアに有する開発拠点でグローバルに“オリジナル&ハイレベル”な商品とサービスの研究開発を行っています。

アンリツテクニカル

オリジナル&ハイレベルな研究・開発への取り組みを技術論文集としてご紹介しています。

先端技術開発

先進技術開発センターでは数年先を見据えた開発や研究のほか、アンリツグループ内の各事業部門に共通する、あるいは横断的に実施すべきテーマ等を扱っています。

知識情報応用開発

知識情報応用開発センターでは人工知能技術の応用開発のほか、グループ内の各事業部門に共通する、あるいは横断的に実施すべきデータ解析関連のテーマ等を扱っています。

デバイス開発

デバイス開発センターでは、主に通信用の光デバイスと高速電子デバイスの開発を行っています。

最新通信計測技術

計測事業本部では、オリジナル&ハイレベルな技術をもとに、世界の主要な顧客に密着し、顧客のTTMを意識した研究開発を行っています。

標準化活動

研究開発活動の重要な取り組みのひとつとして、国内外の標準化活動へ積極的に参画しています。

以下のお住まいの国をご確認の上、最寄りのイベント、連絡先情報、特別キャンペーンをご覧ください。