Skip to main content
MENU

未来創造の軌跡

IoT/5G -有線と無線が融合する時代に向けて

IoT/5Gが拓く未来に向けて~有線と無線が融合する時代へのソリューション~

IoT/5Gが起こす社会イノベーション

今、4Gよりもさらに高速な通信を可能にする第5世代(5G)移動体通信の研究が進められています。10Gbpsを超える通信速度、LTEの約1000倍にもおよぶ大容量化、M2M(Machine to Machine)通信の普及に伴う端末数の増加や多様なサービスへの対応などが目指され、実現すれば家庭のブロードバンド回線がモバイル回線に置き換わる可能性すら指摘されています。
この5Gシステムを利用するのが、身の周りのあらゆるモノをインターネットにつなげて、自動認識や自動制御、遠隔計測などを行うIoT(Internet of Things)だと言われています。IoTによって、2020年までに実用化が目指されている「自動運転システム」などの自動車分野はもちろん、医療・ヘルスケア、交通、エネルギー、産業、農業など、さまざまな分野で大きな社会イノベーションが起きようとしています。

無線と有線のアンリツだからこそ

技術の変わり目には従来のテスト手法が通用しなくなり、テスト分野においても新たなニーズが生まれます。アンリツはそれらをいち早く見きわめて捉え、お客さまに提案する取り組みを進めています。
5G/IoTでは無線通信と有線通信の融合がさらに進んでいきます。アンリツは、まさにその二つの技術を120年を超える長い歴史の中で研ぎ澄まし続けてきました。その間、通信事業者や通信機器メーカー、通信機器に組み込まれる半導体を製造するメーカーなど、情報通信業界のさまざまな分野のお客さまとお付き合いしてきたことで、市場全体を見渡せる立ち位置を築くことができました。だからこそ、アンリツはそれぞれの分野で求められる課題に対し、適切なソリューションを提供できるのです。

始動しているIoT向けソリューション

すでにIoT向けソリューションとして、ホームオートメーションをIoTで発展させるコネクテッドホームへのテストソリューションや、自動車の無線コネクティビティや運転支援システムなどの開発に寄与するオートモーティブテストソリューション、IoT/M2M試験市場の研究開発向けテストソリューション、IoTメーカーの開発および試験ニーズに応えるソリューションなどを用意。これからも、お客さまの戦略は何か、市場でどんな地位を得ようとしているのか、そしてそれを実現するために必要な技術は何かを理解し、その課題を解決する技術の提供に取り組んでいきます。

  • シグナリングテスタ MD8475Aシグナリングテスタ MD8475A
  • ラジオコミュニケーションアナライザ MT8821Cラジオコミュニケーションアナライザ MT8821C
  • シグナリングテスタ MD8430Aシグナリングテスタ MD8430A

5G時代に向けた取り組み

5Gは現在運用されているLTE/LTE-Advancedに新たな技術がアドオンされることで実現されます。技術の変わり目には新たな試験ニーズが生まれますが、それは既存の技術に対する深い知識とノウハウがあってこそ生み出されます。
LTEの扉を開いたアンリツはLTE-Advancedにおいても世界で初めて1Gbpsの伝送速度で接続検証が行えるシグナリングテスタや規格適合試験で先進的な成果を挙げています。
またミリ波測定技術に加え、有線分野でもすでに100G/400Gbpsに対応した測定器を開発するなど5Gの計測で必要とされるコアコンピタンスを有しています。
そしてアンリツは、5Gの変調解析や波形解析に関する開発に着手しています。2020年東京オリンピック・パラリンピックとともに商用サービス開始が目標とされている5G。それを支えるのがアンリツであることは間違いありません。

  • IMT-2020 Visionとアンリツのコアコンピテンシーの適合性

これからも社会イノベーションをお客さまとともに

今、モバイルブロードバンドシステムは、“サービス・インフラ”となり、社会イノベーションを牽引しています。つねに時代の先端に立って情報通信の歴史とともに歩んできたアンリツは、これからもお客さまとともにビジョンを描き、新たな社会をお客さまとともに創り上げる歩みを止めません。アンリツの軌跡はこれからも世界中の人々の安全、安心で快適な未来創造に貢献していきます。これからのアンリツにご期待ください。

資料ダウンロード

以下のお住まいの国をご確認の上、最寄りのイベント、連絡先情報、特別キャンペーンをご覧ください。