Skip to main content
MENU

未来創造の軌跡

携帯電話システムの進化とともに

携帯電話新時代に3Gのリーダーとして~3G測定のデファクトスタンダード~

時代の最先端で、モバイル通信の進化に貢献

今ではほぼ誰もが持っている携帯電話。日本におけるその歴史は、1979年、アナログ方式の自動車電話から始まります。1985年には初のポータブル電話機が登場しますが、まだ肩掛け式の重いものでした。1987年にハンディタイプが誕生し、以来小型化の一途を辿ります。1993年には第2世代(2G)デジタル方式(PDC)が、翌1994年には端末の売り切り制度が導入され、携帯文化が花開いていきました。そして大きな転換点となったのが2001年です。この年日本では移動電話の契約数が固定電話を超えるとともに、第3世代(3G)携帯電話サービス、いわゆるiモード携帯が登場。携帯電話は音声電話からデータ通信端末へと進化し、のちのスマートフォンにつながっていきます。こうした流れの中、アンリツは時代の最先端に立ち、端末機の研究開発・製造に欠かせない測定器の提供を通じて、モバイル通信システムの進化・発展を支えていきます。

  • (出典:平成25年度情報通信白書/総務省)(出典:平成25年度情報通信白書/総務省)

2G携帯電話用測定器で、移動通信分野での地歩を確立

左:デジタル移動無線用測定器シリーズ左:デジタル移動無線用測定器シリーズ

アンリツは、1991年、PDC/PHSの研究開発用測定器の開発を皮切りに、2G用測定器の提供を開始しました。1993年にはデジタル変調信号発生器・デジタル移動無線送信機テスタ・シグナリングテスタから構成されるPDC端末試験用3点セットを開発。携帯電話の試験に必要な機能をカバーしたことから高く評価され、国内シェア70%を獲得しました。さらに1995年には3点セットをワンボックス化したPDC用測定器(MT8801A/B)を開発。売り切り制度により、急激に増え始めた携帯電話の開発・製造を支えました。1990年代後半に入ると、より高速なデータ通信を可能にする第3世代(3G)携帯電話W-CDMAの研究開発が日本で始まり、開発を支える測定器が渇望されるようになります。高度なデジタル変調技術や複雑な通信プロトコルなど、従来にはない新技術が要求されるようになります。

国際標準規格の登場

1990年代後半に入ると、より高速なデータ通信を可能にする携帯電話システムの研究開発が始まり、日本では開発を支える測定器市場が立ち上がっていきます。また、アメリカでも2Gの次に向けた議論が本格化しました。アンリツはこの動きに呼応し、アメリカの開発拠点に日米合同のエンジニアリングチームを結成。大手チップセットベンダーと信頼関係を築き、共同開発を行いました。
そして迎えた1998年、モバイル業界で大きな変革が起こります。国際標準化団体である3GPP(3rd Generation Partnership Project) が発足したのです。これにより、世界のどこのネットワークでも携帯電話がつながる規格づくりが始まりました。
アンリツは南仏の地で開催された3GPP設立総会に参加しました。RF(無線周波数)、プロトコル(通信手順)の双方で測定規格グループの議長、副議長を歴任し、3G携帯電話システムの国際標準規格づくりに貢献しました。この活動を通して、世界各国の通信事業者や端末・チップセットベンダーとのパイプを構築するとともに、最先端の技術を蓄積。
3Gで世界をつなげるという志を掲げ、製品開発に乗り出したのです。そして、アンリツは1998年に世界で初めて3Gに対応した信号発生器・送信機テスタ・シグナリングテスタを開発。「3Gのアンリツ」として名乗りを挙げたのです。

  • デジタル信号発生器 MG3672Aデジタル信号発生器 MG3672A
  • デジタル移動無線送信機テスタ MS8607Aデジタル移動無線送信機テスタ MS8607A

世界をつなげた3G計測のデファクトスタンダード

3G携帯電話方式はW-CDMA、CDMA2000、TD-SCDMAの3つが国際標準規格として採用され、いずれのネットワークでも、さらには2Gで運用されていたPDCやGSMネットワークとも相互接続できることが必要となりました。しかもこれらのネットワークは当時まだ開発中であり、いかに接続検証を行うかが課題となりました。
この課題を解決したのが擬似基地局として動作するシグナリングテスタです。アンリツは2001年、業界に先駆け、W-CDMA方式、GSM方式に対応したW-CDMA シグナリングテスタ(擬似基地局)MD8480Bを開発。その後CDMA2000、TD-SCDMAへの対応を図り、エンジニアの机上に世界のモバイルネットワークを構築することを可能としたのです。
次のテーマは、開発された携帯電話が3GPP規格に適合していることを証明すること。この役割を担ったのもアンリツでした。アンリツは2002年に世界で初めて規格適合用試験システムの提供を開始しました。3G携帯電話サービスは日本が先陣を切り、2003年に商用サービスが始まりましたが、ここでもアンリツの先進的な技術が貢献したのです。
シグナリングテスタとコンフォーマンステストシステム。この2つの製品がデファクトスタンダードとなり、その名を世界に知らしめたアンリツは、その後も端末の開発・製造・保守から基地局の建設・保守までカバーしたソリューションを次々と開発。“3Gのアンリツ”という確固たるブランドを築き、3G携帯電話サービスのグローバルな普及を牽引しました。

  • W-CDMA シグナリングテスタ MD8480BW-CDMA シグナリングテスタ MD8480B
  • コンフォーマンステストシステムコンフォーマンステストシステム
  • カスタマーエクスペリエンス時代に呼応し、顧客価値を向上

資料ダウンロード

以下のお住まいの国をご確認の上、最寄りのイベント、連絡先情報、特別キャンペーンをご覧ください。